MESSAGE

― あなたが見せたかったその世界を、想いを、届けてみせましょう ―


 
この言葉を掲げ、2021年 9 月、「株式会社ねこ」は、日本で産声を上げました。 
 
 
日本の素晴らしいモノづくりとその文化を継承すること―――
その持続発展のためには、非常に重要な局面を迎えていると、
私共は認識しています。 


作り手の皆様が、お客様に届けたい技術や想いを伝える手段を、 
お客様に最適な情報通信技術を用いてお手伝いをすること。 
そこにとてつもない熱意を持って社業を展開しています。 
 
なぜなら、時代の変遷と共に、

『変わってはいけないもの』と『変わらないといけないもの』の両方があると思うからです。


具体的に申しますと、

営業をする手段は既に随分と変わってきているのではないでしょうか。 
 
人は、世界中どこからでも自分で情報を取りに行くことが出来、 
何を信じ、共感をするかを、自分で選び、自分の責任で決めることが可能になりました。

そしてそんな時代も、もはやつい最近のことではないのです。
 
これは、企業も、個人の事業主様も

極めて重大なリスクとチャンスが混在して襲ってきていると言えます。 

既に以前のようには集客ができず、

追客の行為手段自体が無力化していることにお気づきのお取引先様が

非常に多くいらっしゃいました。 
 
日本の素晴らしい技術と文化を発展させるためには、

多くの人に知ってもらい、 震えるほどの共感を生み出していかなければならない。

​『変わってはいけないもの』を受け継いでいくために『変わっていく』

そのために私共がお手伝いできることには

努力を惜しまずお手伝いさせていただきく存じます。 
 

 
有名なお話ですが、「自動車」を普及させたヘンリー・フォード氏のお言葉で、 
「もし顧客に、彼らの望むものを聞いていたら、 
彼らは『もっと速い馬が欲しい』と答えていただろう。」とあります。 
 
今、世間ではアフターコロナ、With コロナという言葉が随分と周知されましたが、 

それは、コロナによって人々の行動が変化したのではなく、

"変化していた行動にようやく気付いた"のではないかと感じています。 
 
私共は、中小企業のお取引先様の規模やご要望に応じた

CG をはじめとするコンテンツの開発制作にはじまり、

社内の一部門の業務をまるごと当社の海外法人へ移管するお手伝いなども行っています。 
 
資本力のある大きな組織だけがマスの力で情報を送り込める時代は既に終わり、

良い発想と気持ちを全世界の人に届け、繋がれる時代になったことは、 
チャンスにほかならないと思っています。

それはすでに、実際の現象として各分野で沸き起こっています。 
 
"株式会社ねこ"は、

日本国内全方位、業種を問わないお客様と繋がるために生まれたばかりの会社ですが、

海外の現地法人に於いては、2013 年以来、国内向けに 9 年間で15,000 例を超える

ご支援実績を誇る IT の集団が、皆様の手となり脚となり、お支えしていく体制が整っ
ています。 
 
 
とてもリーズナブルな費用からお手伝いできることが沢山ございますが、 
制作をする手段の会社としてお付き合いいただくことよりも、

何かを成し遂げたい、解決したい為のパートナーシップとして、

私共を見つけてくださったお客様に、誠心誠意、尽くしたいと考えております。 
 
皆様の熱いご意思を繋げるお役にたてますことを、お誓い申し上げます。 
 
 

原口社長.jpg